意外と怖い、ヘッドフォン難聴

最近、難聴の種類に「ヘッドフォン難聴」が増えましたよね。

実際耳にするけれど、どんなものなのかよく知らない、という方、いらっしゃるかと思います。

さてさて、では実際どんなものなのか、ちょっと様子を見てみましょう。

最近はiPodの台頭により、ヘッドフォンをして電車や町中へ繰り出す人が多くなりました。
かくいう私もその一人。
リズムに乗りながらフラフラ歩くのってちょっと楽しいですよね。

ですが音量には要注意、また、聞いている時間にも注意が必要です。

ヘッドフォンをしていると、まず耳の穴めがけてダイレクトに音波が来ます。
イヤホン、特に、カナル型イヤホンはもっとダイレクトです。なんていっても耳の穴に突っ込むわけですから。

大きい音量は同然、音波も大きくなります。
それが鼓膜や三半規管などに直撃し…積み重なって、難聴になります。

ヘッドフォンになると、一番よく聞く音から聞こえなくなるそうです。

こういうとどういうことなのかよく分からないかもしれませんが、要するに、
「高いド」と「低いド」、女性の声の歌を聴いているなら高い音が。
男性の声の歌を聴いているなら低い音が聞こえなくなっていくと、そういうことです。
ボーカロイド等は高い音になると思います。

自分の好きな音域からどんどん聞こえなくなっていく恐怖…おぞましいですね。

では、対策は何があるのか。

まずは音量を下げること。勿論、電車だけではなく、普段も心がけましょう。
耳の為にも、周囲の人の為にも、音漏れしない程度に調整を。

それから、音楽を聴いている時間。
連続視聴時間が1時間を超えるなら、適度に休憩を入れましょう。

また、小鳥の声など、小さな音に耳を澄ませるのも結構効果が高いです。
耳が疲れたら休ませること、これは体の一部として当然のことです。

難聴は怖いだけでなく、趣味も奪う恐ろしい病気です。

少し気を付けるだけで劇的に結果は変わります。

どうか皆さんお気をつけて、いいヘッドフォンライフを!

難聴の参考サイト
難聴(聴覚障害)の正しい知識と治療方法

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:病気

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像